閉じる
シミを気にする女性

食べ物でシミの改善!オススメの食べ物5つ紹介

歳を重ねるにつれて、シミが目立ってきたと感じる人は少なくありません。
なぜなら、肌の弾力がなくなりメラニン色素が皮膚に残ってしまうため、どうしてもシミやそばかすが出やすい傾向があります。
最近はレーザー治療も話題になっていますが、満足できなかった経験者もいるかと思われます。
しかし、内側からのケアをすることでしつこいシミが改善される場合もあるため、まずは食べ物を変えていくことが大切です。
そこで、シミを改善してくれる効果がある食べ物を栄養素と共に紹介していきます。

まず一番ビタミンCが豊富である赤ピーマンがとても効果があります。
もともとシミはメラニン色素が活性酸素を増加させることで濃度が増していくのですが、ビタミンCはメラニン色素の反対の役割を果たすため、綺麗な肌を作ってくれる効果があります。

鰹節もまたシミを抑える作用があるのですが、それにはLシステインという成分によって黄色い色素を生成する働きがあります。
よって茶色いシミが目立たなくなり、シミのケアにもつながります。

次に最近になって、サイズの小さいトマトにもシミを防ぐ効果が実証されました。
トマトには赤のもととなるリコピンという色素が大量に含まれているのですが、リコピンは抗酸化作用がビタミンCの数十倍もあることから、美肌の宝庫であると言われています。

また飲み物のココアも予防につながります。
主にナッツ類は脂肪分が多いためシミができやすいという考えが広まっていますが、ココアにはビタミンEが多く含まれています。
ビタミンEはCと結ばれることで肌に弾力を出してシミをできにくい状態にしてくれます。
そしてココアを飲むことで吸収能力が高まるため、シミ対策に繋がります。

最後にラズベリーも非常に効果が期待できます。
これにはエラグ酸という成分が豊富に含まれていて、メラニン色素を洗浄してくれる作用があります。
よってエラグ酸はビタミンCなどとは少し変わった作用を持つのですが、抗酸化作用を高めてくれることに変わりありません。

反対にシミができる食べ物はあるの?

私たちが食べている物の中には、シミができやすくなる食べ物もあります。
それが糖質を中心とした炭水化物なのですが、中でも白砂糖は群を抜いてシミの原因になると考えられます。
白砂糖は人間のエネルギーの原動力となるために働きますが、必要以上に摂るとエネルギーとして使われずに体に蓄積されやすい性質があります。
よって余分な糖質が肌の組織でメラニン色素と合成して、シミの原因につながる可能性があります。

また、カフェインの摂取にも気を付ける必要があります。
実はコーヒーなどのカフェインにはシミを洗浄するような作用があるため、一見してデメリットはないと思われるかもしれません。
しかしビタミンCと共に排出してしまう作用があるため、意外な落とし穴があると言われています。
しかし一日に2杯程度の量であればシミが増える原因にはならないと言われているため、飲みすぎなければ問題はないと考えられます。

そして酸味が多いレモンやオレンジを食す際にも注意点があります。
これらの果物は美肌に欠かすことのできないビタミンCが大量に含まれているのですが、ソレランという成分もあります。
ソレランは光によって紫外線を吸収して皮膚に悪い影響を与えるため、メラニン色素を出しやすくなります。
よって朝にレモンやオレンジを食べることで昼間にソレランが紫外線を吸収して、いつのまにかシミがひどくなっていたりする可能性があります。

このような果物は朝ではなく、日が静まった夜以降に食べることで翌朝にはソレランが体から排出された状態になります。
朝食に果物を食べる人は多いですが、以外にもシミを増やしている可能性が高いです。
レモンやオレンジはビタミンCが豊富なため、食べる時間帯を気を付けることでシミ予防につながります。

ページ上部へ戻る